しぇ庫

リツイート

PNG 32bpp変換

ヘッダ画像

なにこれ

動作環境

.NET Framework 4.5 以降を導入済みの Windows

更新履歴

画像が劣化(JPEG変換)する条件

( 以下は2016/11/06 現在の情報です )

ネット上で使用される画像の形式には主にJPEG、GIF、PNGがあります。 JPEGは画質を犠牲にして圧縮する形式で、写真などに向いています。 GIFは使用される色の数が256色までなら劣化しない形式で、小さなアイコン画像などに向いています。 PNGでは(通常は)全く劣化しませんが、ファイルサイズが大きくなりがちです。

Twitterでは、GIFと、透明なピクセルを含まないPNGはJPEGに変換されてしまいます。 ただし、次の条件すべてに当てはまる画像は変換されないようです(理由は分かりません)。

本ソフトでの回避方法

本ソフトでは画像の外周に1ピクセル分透明な画素を追加することによってJPEG変換を回避しています。 また、設定変更により画像の四隅を僅かに透明にすることもできます。 PNG変換後のファイルサイズが3 MByte以上の場合はウィンドウ上で警告します。

節操無く使うのは避けましょう

PNGは劣化が無い分ファイルサイズが大きくなりがちで、帯域の浪費、表示速度の低下、通信料金の増加に繋がる場合があります。 図表、イラスト、スクリーンショットなど、エッジがシャープな画像に絞ってお使い頂くことをお勧めします。 写真やリアリスティックな3DCGの場合は、ファイルサイズを考慮するとJPEGの方が向いています。 PNGと、高品質で出力されたJPEGの違いは多くの普通の人には 分かりません 。 JPEGで投稿することもご検討ください。

ダウンロード

ダウンロード

Chromeで表示される「一般的にダウンロードされておらず…」という表示は 単にダウンロード数が少ないことを警告するものです。 ▼ボタンから「継続」を選択してください。

こんな時は

「WindowsによってPCが保護されました」という旨の表示が出て起動しない

実行ファイルを右クリック→プロパティを開き「ブロックの解除」を行ってください。 これはオンラインで取得した実行ファイルに対する一般的な警告であり、 本ソフトウェアの不審な動作を知らせるものではありません。

起動しようとするとセキュリティソフトの警告が出る

「一般的に使用されていないファイル」という旨の警告であれば問題ありません。 これは当該ファイルがまだ多数の利用者によって安全性が検証されていないことを警告するもので 本ソフトウェアの不審な動作を知らせるものではありません。

その他

バグ報告、要望などは、とりあえず twitter にてお願いします。 ハッシュタグ #PNG32bpp変換 で ツイートして頂ければ、気付いたときに適当に吸い上げます(たぶん)。